生地の企画開発

FLOW OF THE DEVELOPMENT 開発の流れ

お客様との打ち合わせ
お客様との打ち合わせ

お客様の声をより具現化させるために、豊富にある当社のサンプルを見ながら打ち合わせが可能です。経編(たてあみ)の生地に限らず、織物・丸編などの生地サンプルからのアイデアも少なくありません。生地のイメージができあがったら、組織(編み方)と糸使いの選定になります。当社の開発スタッフは原糸についても日々勉強を怠りません。組織(編み方)はもちろん、糸の選定も当社におまかせください。


次のSTEPへ

整経
整経

経編(タテアミ)は、通常多くの糸の本数が製造に必要ですが、当社は少ない糸本数で試作できます。
当社には多種多様な試作用原糸在庫もございます。


次のSTEPへ

編立
編立

試作は1反から編立(あみたて)可能です。編立前には、自社の高圧染色機にて、より加工上がり品に近い状態で生地を確認し編立いたします。当社の試作の生地サンプルと、自社高圧染めサンプルを設計書をつけてお客様へ送付しますので、加工を依頼する際にお使いください。


次のSTEPへ

カット
カット

ダブルラッセルには、センターカット工程が必要な商品があります。厚さわずか2ミリのダブルラッセル生地を安定的に精度よく2枚にカッティングし、高密度かつ1ミリ高の緻密で均一な毛足を持つ生地を実現できるのは、当社オンリーワンの技術によるものです。


企画開発はこちらから

PAGE TOP